2016年7月20日水曜日

明日から小説を本気で書く!

誰も読んでないだろうと思ったら、33人も読んでてくれた・・・w

せっかく作品だすんだし、適当なタイトルじゃなくて本気で小説書こうと思って、タイトル変更しました。

一年戦争

どうしてこうなった・・・とりあえず、赤い彗星とか超巨大隕石とか落ちたりしませんよ^ ^

環境世界の酒場のおっさんっというタイトルでしたが、主人公のルードはある重要な任務を帯びて、酒場で酔っ払い、路上で寝るのだった・・・まるっきり駄目なおっさんじゃないっすかw そんな感じですので、今後もご期待してください!ではでは!

2016年7月17日日曜日

小説作成してみた

とりあえず、この前のソフトで改良した小説を12話くらいでまとまるように書いてみようと思います。
なかなか文章を書くというのは難しいですね。うまく書けません。

環境世界の酒場のおっさん

2016年7月16日土曜日

株はじめる

色々あった。親と株はじめると言ったら反対されて、なんで大人になってまでまだ保護者やってんねん!とか色々悩んで、株はじめれないストレスで仕事に行ってもストレスが収まらなくて、毎日何もできずにイライラして、兄がずっと会社いたときに上司から受けた傷でニートしてて、つらい毎日でしたが、それとももうさよならです。ここまで来るのに5年かかりました。私がニートしてたときの分含めたら8年かな・・・私も一時期寝たきり病人のニートでしたし

今は兄も健康になり、真面目に働いており、私の精神も安定しております。そもそもなんでこうなったのかというと大学の借金ですね。これが痛い。あと3年で父の借金も片付きますが、まだ奨学金という糞みたいなものが残っております。貧乏は糞です。私にとっては何もできずに諦めることが何よりも辛かった。ですが、この度、やっと株はじめれそうです。
なんか公務員試験受けるって兄が言うからそれ応援したら、兄が私の株を父にできるように話を通してくれました。ありたがいかぎりです。試験受かるといいなあ。

株で儲けれるお金はしれてます。信用取引ができないので現状は長いスパンでの投資になると思います。まだまだTwitterは再開できそうにないです。

とりあえず、ファイナンススタジアムで運用できるくらいになったら、Twitterの方も再開しようと思います。

家族に内緒で株を取引するやり方

親に知られないように口座開設するためには2つの方法がある。

まず、郵便局留・郵便私書箱を利用する。が、条件がある模様。
  • おおむね毎日、郵便物などの配達を受ける方
  • 郵便私書箱を6カ月以上使用する方
  • 郵便物等を遅滞なく受け取ることができる方 
http://www.post.japanpost.jp/service/sisho/

もう一つは、ゆうゆう窓口を利用する。こっちの方が簡単そうだ。

前者の場合は、Amazonの受け取り先を郵便局にしたら、いけるだろう。

後者なら、本人限定受取郵便もゆうゆう窓口で受け取れる。

さて、あとは必要書類の準備だが・・・いつのまにかマイナンバーが口座開設で絶対必要になった(なんでやねん)。マイナンバーは家にあって、いらなかったから親にあずけてあるけど、引き出しにあろだろうからあとでコピーするか。あるいは年末調整のおり、マイナンバーは必ず使うから、そのときにコピーをするか。

あと、口座開設時に年末調整は証券会社側で処理してもらう。そして、Nisaであること。これで、家に迷惑かけずにできる。

とまあ、ここまで書いたけど、親と口論してなかったらこんな必要もないんだけどね・・・

2016年7月9日土曜日

地下水って何からできてたっけ


http://www.sankei.com/premium/photos/160709/prm1607090030-p1.html

相変わらず汚染水が増え続けていることから、東電は漏洩リスクのある「フランジ型タンク」を来年度以降も使用継続する見通し

高低差でU字管みたいに高いところから低いところへ水が溢れている?だから、横を防いでも下から湧き上がってきてるとか推測してみる。

汚染水の発生量は現在、1日400トン程度

あと考えられるのは凍土が雨の日とかの膨大な水の量で溶けてるからかな・・・

それで、思ったんだが、水の量減らせば汚染水は減るわけだから、
ロッキード・バーバンク航空機工場みたいに天幕を貼って、擬態してしまえばいい。原発をなかったことにしよう(ぇ
防水カバーをテントみたいに設置して、各所の雨を集めて、川みたいにして海へ流してしまえばいい。

それか人工河川を作って水量を減らすとか。大昔は川の決壊を防ぐために人工的に川を作ってたわけだし。

あとは施設の手前に地下水が流れているところまで掘って、海へ流すとか。被爆を避けるなら、シールドマシンで地下河川にしてしまったら、いけるだろう。

なんにしても諦めるの早過ぎるなって思う。絶望的状況なのかもしれないけどさ

2016年7月4日月曜日

自動AIで文章制作したいこの頃の試行錯誤 その2

いちおうさらに改良してみてAIも一つ手作業で作ってみたけど・・・結界は・・・・全然駄目だった。それっぽい文章になるときもあるけど、まだまだネタの域を脱しないね。それで、素直に諦めて、噂のAIと会話した方が早いねって結論になった。PC版Lineをテキスト保存したものを変換して、文章に使えるようにする機能つけてみた。

小説も一個作ってみようと思ったけど、著作権的に使える資料がなかったので、昔作成しておいて中途半端に書いてた小説をマルコニフ則と作成したAIでネタ化した後に手作業で修正中です。ほとんどネタみたいなものだから一度しか小説は公開しないだろうなあ・・・

2016年7月1日金曜日

自動AIで文章制作したいこの頃の試行錯誤

うん、駄目だったw

現状、URLからテキストを抽出した文章と貼り付けた文章をマルコニフ則で適当に人外の文章を書けるだけになります。サラダくらいにしか用途が(ry


こっからどうやって改良していけばいいんだ・・・考えだしてもう二ヶ月くらいになる。
改良しようにも曖昧な部分が多くてできない。自動で書くってところから外れて考えてみるべきかな。手動でも書けないだけましだろうし・・・

もうこれで完成でもいいんじゃないかって思わなくもない。だがまあ、手動で書くとなると、私だと面倒すぎてこのまま放置なんだが・・・